MENU

アジーの淋菌への効果は?正しい飲み方は?

 

この記事では、アジーの淋病への効果と正しい飲み方について紹介いたします。

 

淋病にアジーが効く理由

 

淋病とはクラミジア感染症なとど同じ性感染症の1つです。

 

近年では、バスタオルの使いまわしなどから、家族内での感染が見られるようです。

 

そんな淋病は感染力の弱い細菌によって引き起こされる病気なのですが、
感染していても自覚症状が無い場合も多く、やや怖い感染症と言えるでしょう。

 

そんな淋病ですが、細菌感染なので感染した細菌を殺菌してしまうと完治する事ができるのです。

 

その為、細菌を殺菌するのに優れた抗生剤が有効だと言えるのです。

 

しかし、最近は淋菌も抗生物質に対する耐性が付いてきている事から、
従来使われていたペニシリンやミノマイシン、
シプロサキシンなどは効果が得られないところまで来ています。

 

そんな中、淋病に有効なのがアジーです。
アジーには淋菌を殺菌する事ができるため、効果があると言えるのです。

 

 

淋病時の正しいアジーの飲み方

 

アジーは感染している細菌によって服用量が変わってくるのですが、
淋菌の場合は、2000rを一度に服用するという投与が良いと言われています。

 

これは、300rずつを数回に分けるよりも、一度に大量の服用の方が、効果が期待できるのです。

 

また、一度服用すると1週間から2週間は効果を持続させる事ができるので、
連続して服用する事を避けるという事が大切です。

 

また、細菌は抗生物質への耐性を身に付けますので、完治するまでは飲み続ける事が大切です。

 

一度耐性を持ってしまった細菌には次から同じ抗生物質は効果が得られなくなってしまうのです。

 

ですので、薬を飲んだから治療が終わったと勘違いをすることなく、
完全に体の中から原因の細菌を殲滅してしまって初めて完治となります。

 

薬を止める場合には、しっかりと再検査をして完全に居なくなったことを確認して、
医師の判断で服用を止める事が大切です。

 

確かに面倒かもしれませんが、これは今後また淋菌に感染してしまった場合のためでもあるのです。

 

用法と用量を守って副作用と、耐性菌を作らないようにしながら服用していきましょう。