MENU

アジーを飲む前に知っておきたい副作用

 

アジーは子どもや妊婦にも処方されることがあり
安全性は高い薬とされていますが、
やはり飲む前に副作用は知っておくべきです。

 

 

アジーの副作用

 

下痢や吐き気

 

アジーは抗生物質の一つです。

 

抗生物質には下痢や吐き気、嘔吐など、
胃腸系の副作用が多く見られる傾向があります。

 

重度のものでは腸炎などを引き起こすケースも。

 

 

皮膚のトラブル

 

アレルギー反応として、
じんましん、発疹、痒み、赤みなど
皮膚のトラブルが起きる可能性もあります。

 

重度のアレルギー反応で、
顔や舌の腫れ・ただれ、咽喉の痛みなどが出てしまった場合には
すぐに病院を受診しましょう。

 

 

重症筋無力症

 

疲れやすい、筋肉に力が入らないなどの症状が起きる
“重症筋無力症”もアジーの副作用の一つです。

 

重症筋無力症は、
脳から出る指令が筋肉に伝わりにくくなるために起こる
と言われています。

 

またアジーの有効成分である“アジスロマイシン”には、
細菌が繁殖する原因であるたんぱく質の合成を抑える働きがあり、
そのことも筋力の低下に関係すると考えられます。

 

重症筋無力症がアジーによって発症することはまれですが、
過剰摂取には十分注意が必要です。

 

 

こんな人は服用に注意!

 

以下の人は独断で取り入れるのは避け、
医師の指示に従って慎重に服用しましょう。

 

  • 抗生物質に過敏な反応が出てしまう人
  • 薬などでアレルギー反応が出やすい人
  • 肝臓病や心臓病を患っている人
  • 腎臓の機能が低下している人
  • 妊娠中や授乳中の人
  • 6ヵ月未満の乳幼児

 

アジーは比較的安全性の高い薬に分類されますが、
人によっては大きな副作用が出てしまうことも考えられます。
心配な人は、医師に相談しながらの服用をおすすめします。

 

>>アジー 通販へもどる